インフルエンザは案内文を読み込むことが大切

インフルエンザは、ウイルスが要因となる感染症で鼻をはじめ喉や気管支炎などに感染します。
急に38度から39度という高熱が出ることが特徴的で加えて頭痛や関節痛、筋肉痛といった症状が現れます。
さらに鼻水や喉の痛みといったことも起こり全身が重たくだるいということも特徴的です。
日本においては毎年11月から4月がインフルエンザの流行期とされており、長岡市をはじめとする市町村では注意喚起の案内文が配付されます。
こうした案内文を見逃すことなく、しっかりと読み込み対処を講じるということも重要です。
インフルエンザウイルスが体内に侵入してから症状が起こるまでには1日から5日間の潜伏期があります。
この潜伏期は平均的に3日間とされています。
そして、一般的な健康な成人であれば発症後はおよそ1週間で完治します。
ところが、乳幼児をはじめご高齢の方や基礎疾患をお持ちの方は気管支炎や肺炎といった症状を発症することがあります。
最も症状が重いと命の危険まで脅かされるため油断してはいけません。
インフルエンザが疑わしい症状が起きた際には早めに長岡市をはじめとする医療機関を受診してください。
受診後は、医療機関から配付された案内文の記載を守り安静にし休養をとってください。
特に質の良い睡眠をとることに尽力しましょう。
また、起きている際には水分を意識的に補給するようにします。
口にするものに制限はなく、お茶をはじめジュースやスープなど口にできるのであれば何でも構いません。
そして、最も気をつけるべきことは刻々と変わる症状の変化を見逃さないということです。
長岡市の医療機関で処方された薬を飲むタイミングや量といった問題があるものの、こうした変化を見逃さないことが重症化させないポイントです。