鳥インフルエンザへの懸念と行われた効果的な殺処分

インフルエンザとして古くから知られていたものについてはワクチンを準備しておくことによってほとんど感染するリスクがなくなります。その感染源も人であるとはっきりしていることから、社会全体の取り組みとして、かからない、うつさないという予防の考え方を持てば蔓延を防ぐことができるでしょう。効果の高い治療薬も登場していることから感染してしまっても早く治せるようになってきており、徐々にインフルエンザの脅威が低下しているかのように考えられました。しかし、動物から人へと感染し、高い病原性をもつインフルエンザが確認されるようになってからは、新たな脅威として懸念されるようになっています。佐賀県では鳥インフルエンザが確認されたために速やかに鶏を殺処分するという措置が行われました。佐賀県に限らず、九州地方を中心とした養鶏場で同様の事件が確認されているのが実情です。鳥インフルエンザが必ずしも人に感染するとは限らないものの、万が一、高病原性を発揮してしまった場合のリスクは否めません。これまでに感染の経験がないことから、既存の治療薬の効果があるかも疑念が持たれるでしょう。そのため、佐賀県で行われた殺処分による感染リスクの低減は大きな決断ではあるものの、確かに効果のある判断であったといえます。鶏肉から感染するリスク自体はほとんどないとされているものの、内臓や血液などから感染するリスクがあるからです。殺処分という大きな決断をしたことによって養鶏場として鶏肉の販売をする際の信頼度の確保にもつながったといえるでしょう。わずかでもリスクがあるというのは消費者から懸念を抱かれるものであり、効果的な決断をしたことで養鶏場の経営者が救われているのです。