1日で治るヒトもいるインフルエンザについて

ヒトは、インフルエンザに感染をすると、急激に高熱を伴いますし、全身の倦怠感や食欲不振など全身の症状が強くあらわれるのです。そのほかに、関節痛や筋肉痛や頭痛なども発生する場合が多くあるのです。インフルエンザで気をつけなければいけないのは、肺炎や脳炎などを合併して重症化するという恐れがある点です。そのため、早めに病院に行って治療をすることが大切なのです。インフルエンザのヒトの治療方法ですが、タミフルやリレンザといった薬の服用が有効とされています。しかし、発症してから48時間以内の服用でなければ効果がないといわれているのです。服用すれば、服用をしていない場合と比べると、発熱の期間も短く1日で治るという場合も多くあるようです。さらにウイルスの排泄量も減少しますし、症状はだんだんと改善されていくのです。しかし、薬を服用してよくなっても、体内のウイルスがすぐになくなるわけではないので、服用をやめてしまうと周囲のヒトにすぐに感染するのが注意が必要です。熱が下がっても、出されている薬はしっかりと飲みきって、最低でも2、3日は自宅療養することが大切なのです。インフルエンザを早く治すには、自宅で栄養を十分にとって安静にする必要があります。さらに、室内では加湿器などを使って、適度な湿度を保つことも必要になってきます。加湿器がないという場合には、タオルを何枚かぬらして干しておいたり、洗濯物を室内干しするだけで加湿の効果があります。薬を服用し、安静に療養していて、体温も上がらなくなり、汗が大量に出るようになったらそのあとは速やかに回復に向かっていくので安心できます。インフルエンザになったら、1日で熱は下がっても2日くらいは自宅で療養することが大切です。