48時間以内の服用で効果があるインフルエンザ治療薬

インフルエンザ治療薬として画期的なものとして世の中に姿を表したのがノイラミニダーゼ阻害薬です。インフルエンザウイルスが持つノイラミニダーゼという酵素を選択的に阻害することによってウイルスが感染した細胞から出て行くのを防ぐことができるというのがそのメカニズムであり、体内で感染が広がっていくのを防止することができます。それによって、人の免疫系がインフルエンザの増殖を越えて機能できるようになると薬が効くことになるのです。こういった画期的なメカニズムでの治療薬が開発されたことによってインフルエンザからの回復が早められるようになったということが知られるようになると、多くの人が競い合うようにして使用するようになりました。その結果として薬が効くというデータが集まるとともに、臨床試験では見つかっていなかった副作用や使用上の注意も増えてくることになっています。そのため、添付文書も書き換えられることが多く、添付文書の内容に注意を払っておくことが大切になっています。ノイラミニダーゼ阻害薬の特徴として覚えておかなければならないのは、症状が出始めてから48時間以内には飲み始めなければ効くとはいえないことであり、その事実も添付文書に記載されています。通常は48時間程度でウイルスが減り始めるからであり、その頃にはノイラミニダーゼ阻害のメカニズムでウイルスの増殖を抑制しても効果があまりはっきりと見られないことが多いのです。しかし、その時期を過ぎてしまってからでも薬が効く場合もあることから、必ずしも48時間以上経過したからといって飲むのをやめてしまう必要はありません。飲むことによって早く治る可能性があるなら飲んでみるに越したことはないでしょう。